八百津 嵩の滝 ぶら下がる

暑さにめっきり弱くなった東濃の人。休日、寝たきり状態から狐がついて、八百津に走りました。目的地は嵩地区の三十三尋の滝。   このささやかな沢が数メートル先に、こんな状態に。   涼しいけど、足元はヌルヌル。危険いっぱい。   下はこんな感じ……   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土岐川の発電所跡  たどりつけず…

 土岐川と19号線が交差する「土岐大橋」西側に発電所跡があることを最近知りました。本日訪ねましたが水量も多くそれなりの用意がいることを思い知りました。    引き返すとこんな看板が…。大型はおろか自転車も走れそうにありませんが、むかしここに道路があったのですね。     こんな遺構も…いったい何の跡でしょう… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇ヶ谷湿地 八百津

 八百津、板橋地区の蛇ヶ谷湿地は吹畑官行造林地区内にある。今回ふいに数年ぶりに訪れる気になったのだが板橋地区に至る道もすっかり失念していた。この林道は地区の西端の墓地の横にある。    ここから10分ほどでたどりつく蛇ヶ谷湿地は通り過ぎてしまい、引き返しては分岐を間違え、1時間後やっと場所は判明したものの降りていく小径が思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母袋烏帽子(もたいえぼし)岳   1,340m

 郡上市大和町の母袋温泉前に駐車しました。駐車料金500円は温泉のフロントで支払いました。午前9時出発。オートキャンプのテントやバンガローを抜けていきます。    10分少々で登山路の分岐に出ました。    9時50分、お助け水に到着。体がひどく重く感じられます。    頭上で大きな音がし、茶色の物体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白川町 切井散策

 すっかり出不精が定着してしまった東濃の人、今日はさすがに陽気に誘われて切井に来ました。たまたま見かけた消防団の制服を着た人に駐車場を尋ねたら、体育館の横ならいいと言われました。この橋は栃平川にかかる水口橋です。    田植えのため水が張られ出した田んぼです。    美しい稲中 (とうちゅう) 地区の風景です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇ヶ洞川散策

 瀬戸市 上半田川 (かみはだがわ) 地区から下半田川 (しはもはだがわ) 地区にかけて流れる蛇ヶ洞川。この川にはオオサンショウウオが生息しているとのことで見物にきました。    しかし稚児橋前に止めた車からすぐの蛇ヶ洞川は水量が少なくとてもオオサンショウウオは住めそうにありません。    やむなく下流に歩きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三棟山 再訪 リハビリ登山

 下呂市金山町の三棟山は五年前に来ました。その時と同じ万福寺の下に車を止めました(寺領の外)。万福寺は新しく建て直されていました。この寺はツツジの花が有名とのことで、いつかその時季にと思っていましたがそれっきりとなっていました。    正月休みは寝たきりで蓑虫状態。今日もようよう昼過ぎにここに来ました。膝が山歩きに耐えるかど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日の出 2019

   月と金星に導かれて日の出を撮りにいきます。    木曽川をわたる時、すでに空は白んできました。    そしていよいよ日の出をむかえました。    ここは八百津、めいそうの森です。    ● びっくりすることに、ここ数ヶ月なやまされてきた膝の痛みがありません?今だけかな?油断大敵だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古虎渓 (ここけい) 公園と隧道

 土岐川を多治見市から名古屋市に向かっていくと左手にベンチさえない、小さな公園があらわれます。市之倉の古虎渓公園です。この無粋な胸像が目印です。    この胸像の脇にはなにか由緒ありそうな、三面観音?というのかな、素敵な石仏です。    公園の奥にはちよっとした滝もありました。    この滝の上部を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴弘法 高山城址

 東濃の人、今日まで「下街道」なる存在を知りませんでした。ここは土岐市土岐津町高山、    この下街道沿いに穴弘法はあります。戦国時代に戦で死んだ人を弔うため岩をうがち地蔵を祀ったのです。    穴弘法はいま「もみじ祭り」の期間中で夜にはライトアップされ色々なイベントもおこなわれています。    夜の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東谷山 白鳥古墳

 守山区志段味から多治見市に向かう土岐川ぞいの道路に円墳らしきものがあるのに気付いたのは最近のこと。昔からこの道は知っていたけどこんなものあったかな?    気にはなっていたがなかなか訪れずにいました。この暑さの中、山歩きをする気にはなれず。本日やっと来てみたのです。    以前からあるにはあったけど、ここまで整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稚児橋から上半田川 東海自然歩道

 以前、定光寺からこの稚児橋まで歩きました。    背後の舗装路を隔てて上半田川 (かみはだがわ) へ の登り口があります。    20分少々で山越えは終わり国道248号線にかかる歩道橋を渡ります。すると呆然とするほどに美しい上半田川の水田があらわれます。    歩道の傍らにあった抱き合う夫婦の道祖神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田市 林道「荷掛線」 カモシカの子供憐れ!

 国道363号線を土岐市の柿野温泉から瀬戸市方面に走行していくと「こぶしの里」の表示に出くわす。ここを左折すると県道19号線である。すぐに豊田市との市境に出る。豊田市に入ると「環境の小径」の看板。正式名称は「林道荷掛線」。走行してみることにした。    数分走ると眼前に小動物の影が…    車を降りて近づいていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片知山 美濃市  骨ヶ平まで縦走

 美濃市片知の板山神社の右脇が登り口です。午前8時10分出発です。    10分ほどで小さな橋をわたります。その後は右手下に小滝の連続する沢が続きます。そのうちの一つを撮影しました。    9時50分、円空の十一面観音があるお堂を通過。すぐに稜線に出ます。片知山 (966m) には10時30分到着しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石山 瀬戸市

 多治見市から国道248号線を瀬戸市に向かっていくと「上半田川口」の信号に出ます。この信号を左折して上半田川に入ると金峯神社の案内看板があります。    石山登山はこの神社右側の小川に沿って北に歩くのです。9時出発。すぐ眼前に畑があらわれます。その手前左側に取りつきの道があります。20分ほどで三等三角点「石山」 361.85…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多治見市 セラミックパーク

 多治見市東町にあるセラミックパーク。    その入口のトイレ脇に展望台および周辺をめぐる散策路があります。    10分ほどで展望台です。    高社山から弥勒山、道樹山と一続きのように見えます。    せっかくだから美術館もと思ったのですが、有料でした。それで壁にかかった日本最古の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崇禅寺 (そうぜんじ)  土岐市妻木

 前回探訪した妻木城のある県道19号線線になにやら由緒ありそうな古刹があった。気になって雨の上がった午後訪ねて見た。この山門は妻木城のお館から移築されたものだそう。      寺の脇には古い江戸時代のお墓がありました。    寺の背後にある寺山には道がついていてそれぞれ顔の違う石像が鎮座しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻木城 土岐市

 国道19号線ならぬ県道19号線を土岐市下石から南下します。妻木川に添った県道です。    すると案内看板があらわれました。    林道の終点は公園でした。山城につづく散策路は整備されています。この岩積みは人工のものに見えますがマグマが噴出したあとの摂理という現象で自然にできたものです。    15世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴水橋にて

 瀬戸市定光寺から県道207号線を南下していくと曽野口の信号にある穴水橋からこんな風景があるのに最近気づきました。    人工の堰堤と自然石が調和して風情のある光景が作り出されています。    この写真では渓谷のような美しさを想像されるかもしれませんが、平凡な町の川です。さほど綺麗ではありません。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ノ洞 登頂失敗…関市富之保

 車を平成の茶屋横に午前10時ちょっと前に駐車しました。そこから歩くこと10分で元号橋です。右に行くと平成自然公園に左の三ノ洞林道を歩きます。    最初の分岐を左にとりました。10時28分林道は終点。ともかく光のある南側を目指し右手の尾根に取りつきました。    前夜の雨に濡れ腐葉土の堆積する足元は安定しません…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

前沢ダム 御嵩町

 前沢ダムは御嵩町前沢の農業用貯水池、溜池です。    水没した場所に生えていた木は枯れ、まるで卒塔婆のようです。    やがて分岐に出たので外側を歩いていくとダムにそそぐ水道トンネル1号があらわれました。    そこからはダムから遠ざかっていくので分岐まで戻りダムの周回路をいきました。するとおお!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋澤龍彦……

 渋澤龍彦、フランス文学者・評論家として紹介されることが多いのですが、わたしにとってはなにより不思議な小説家。初めて彼の小説を手に取ったのは1987年、昭和62年でした。「高丘親王航海記」。すでに彼はその年59歳の生涯を閉じていました。    高丘親王は平城天皇の皇子。皇太子となったのですが薬子の変によってその地位を剥奪され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

網掛山  阿智村

 車を長野県阿智村智里の大平神社の駐車場に午前9時40分に止めました。すぐ近くに東山道の石碑があるのですが、ネットで入手した地図では感覚的に間違ってしまいます。道路上の看板を信じるのが一番です。    まずは網掛峠を目指します。林道がつきると道は杣道になります。10時40分、峠に到着しました。標高971m。ここはヤマトタケル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀輪よ これが犬山城だ…

 昨夜から登頂する山を探していたが、決まらないままグズグズしていた。午前10時50分、自転車をひっぱり出した。ともかく、家を出る。11時32分、鳩吹山の石原登山口を通過。    そこからは大好きな下り坂、10分ほどで木曽川沿いの不老滝に到着。    このあたりから犬山城に行こうと思いました。12時05分犬山城到着…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

平谷村 高嶺山

 長野県平谷村の道の駅に8時50分車を止めました。北にある諏訪神社の前の道を川沿いに東に歩きます。    10分ほどで分岐につきました。もちろん左の登山路を行きました。    9時53分、10時10分、10時22分と三度、車道を横断しました。10時35分、長者峰に到着しました。ここまで車で来れると思うと少々複雑な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やおつトンネル!  …トホホ (・.・;)

 御嵩町のバローと「肉のキング」の間を南北に走る県道83号線にある「大庭」の信号です。      この道を少し北に向かうと、「やおつトンネル」?があらわれました。    そして八百津側のトンネルの様子です。    すぐにまだ新しい信号「伊岐津志」に出ました。    なんとこのトンネルこそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津福地  カモシカ

 三連休、これといった目標の山もなく、ゴロゴロしていたが、いくらなんでもこれではあんまりなので八百津にドライブ。ネタ探し。福地大鹿見のシャクナゲ園を過ぎたところで水を飲んでいたカモシカと遭遇。     向こうもこちらに興味があるのか、一定の距離を保ち逃げ出さずにいる。    体も小ぶりでまだ成獣になっていない子供…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不孝寺塚古墳 可児市

 可児市、羽崎にある不孝寺塚古墳です。    6世紀後半の築造当時は直径20mを越える大きな円墳でした。    明治20年に遺物が見つかり掘り返すと金環、銀環そして人骨まで出土したのだそうです。今ならDNT鑑定でいろんなことが解ったことでしょう。現在遺物はすべて散逸しています。そして玄室に至る羨道は塞がれています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雀のお宿

 早朝、はやく餌を出せと雀の催促です。    雀のキス…。    餌を待つ子雀と与える親鳥。子供は体格はすでに親と同じくらいなのにニートでしょうか? 我が家のささやかな庭の隅に餌台を設け、米を与えるようになったため「雀のお宿」と化した木です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土岐市 美佐野街道

 国道21号線沿いの道の駅「志野、織部」の帰り、五斗蒔に向かう道を南下中、このど派手な看板に急停止。    とりあえず美佐野街道とやらを歩いてみることにした。約30分で7世紀前半中山古墳に到着。羨道も玄室も腐葉土で埋まっている。    さらに南下するとすぐに住宅街に出たので戻ることにした。途中「旧美佐野街道」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新田の森  美濃市

 片知渓谷の瓢ヶ岳駐車場の西に「新田の森」はあります。    入り口の様子です。ここにこんな森が存在するのをつい最近まで知りませんでした。平成22年に整備されたようです。しかしいつの時代の水田かわかりませんが林道も車も利用できない時代に里から数キロの山道をたどりお米を作ったのでしょうか?    作業小屋を過ぎると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御嵩城址

 御嵩城は小栗氏が築いた城です。    しかし室町末期、1552年滅ぼされました。その時二十歳の美しい城主娘の悲しい自害の伝説ものこっています。    攻めたのはあの瑞浪の小里城城主と恵那の後に江戸町奉行となる遠山の金さんのご先祖です。この本丸跡の櫓は評判がよくありません。    しかし、御嵩全域を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高賀山から那比への道

 今回は御坂峠手前の駐車場まで車で来ました。ここからは自転車…    途中、那比の里がよく望見できる場所で撮影しました。    峠から1.7キロ。ここが登山道ではと?…。前回あたりをつけていた尾根を降下します。午前10時35分でした。      しかし道は消え斜面は落ち込んでいきます。登山道でないのは確…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

中美濃林道 御坂峠

 片知渓谷の上部にある瓢ヶ岳登山口の駐車場。さらにその上に高賀山に向かう林道と高賀神社方向に下る林道の分岐があります。むかしは高賀山方面にはゲートがあって一般車は走行できなかったはずです。ここから午前10時、自転車で走ります。    久しぶりの自転車にヨタヨタ走行。わずかの勾配に押し歩きです。ちょうど1時間、7.26kmの走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三枚滝 美並町

 八幡町那比から新宮神社を過ぎ星宮神社に至る道にある粥川谷に三枚滝はありました。    はじめこれこそが三枚滝と思いましたが、でもこれでは「三枚」でなく「三段」では?…上流に回り込むと三本の滝が並んで落ちていました。しかしなかなかカメラにうまく収まりません。    しかし「三枚」はこれらの滝を総称しているのか、や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八幡町那比 宮ヶ洞谷を歩く

 ふたたび郡上市八幡町那比です。ここからの高賀山にチャレンジします。    高畑の集落から登山道の看板のある林道を南下すると那比本宮神社につきました。駐車場にはストックが沢山用意されています。しかし神社周辺に登山道らしきものはありません。    神社東を南下する林道がありました。宮ヶ洞谷に沿って続いています。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラガトンネルと那比

 国道256号線を板取川に沿って北上していくと生老の入り口に福祉センターがあります。    この建物手前にかかる橋を渡ると郡上方面に抜ける「タラガトンネル」です。    トンネルを抜けると「雪国」ではなく八幡町那比、旧那比村でした。ここに高賀山の登山口があることを全く、露ほども知りませんでした。数十回は登った知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兎岩と天狗岩 瑞浪市

 前回、陶器の狛犬の写真を撮りに来た時、狛犬下のこの看板が目に留まりました。今回はこのウオーキングコースを歩きに来ました。しかし6.2 kmを80分の速歩!無理無理、.無理でござんす!    狛犬隣の八王子神社の登り口です。11時出発。    11時35分。兎岩があらわれました。    つづいて12時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新丸山ダム

 民主党政権時代、頓挫中止となった八百津の新丸山ダムの工事がはじまりました。下流に建設するとばかり思っていた新ダムは現在のダムを包むように建設されるようです。  これが完成すると長野県、諏訪湖の2倍の貯水量になるというのだから驚きです。    ダムの完成により現在の橋や (もちろん旅足橋も) 道路も水没します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義民 助兵衛と菅田の里

 下呂市金山町菅田、桐洞に義民助兵衛の碑があります。助兵衛は1660年(万治3年)に凶作の上に平年よりむごい年貢を要求され、もはや一揆と立ち上がる農民を抑え、単身で江戸にいた尾張藩主徳川光友に越訴したのです。    願いは聞き届けられ年貢は減免されました。しかし助兵衛は直訴の罪でそれから6年後52才で獄死しました。碑の前に流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫穴滝 再訪

 可児市久々利の小渕ダムから南下する林道奥磯線。錠ヶ谷溜池の手前から右に分岐する道沿いに姫穴滝はあります。前回訪れたときは水量が少なく迫力がイマイチだったので再訪しました。    その右手にある姫穴の名の元となった穴からの滝の姿です。    穴の最奥部に祀られている石碑です。「南無阿弥陀仏」と彫られています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

点名「上ノ洞」 614m 瑞浪市

 曽木町を東西に走る県道363号線から南下する県道111号線。南の豊田市との県境の手前にこの「売地」の看板のある林道があります。    林道を歩くとすぐに「R/C専用飛行場」がありました。ラジコンのヘリや飛行機を飛ばす施設のようですがもうずいぶん長い間、使われた感じがしません。    10分ほどで溜池につきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曽木探訪

 土岐市下石町の県道66号線、「山神」の信号を南下していくと「イタリアの小さな村の物語」 に登場するような建物があった。どうやらレストランのよう…    つづいて訪ねたのは隣接する瑞浪市陶町の世界一の美濃焼の狛犬です。高さ3.5m。    その上部にあるこれまた世界一の茶壷、「豊穣の壺」です。陶土は32トン使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生老」 549m 関市板取

 関市板取、生老地区にある葛レ谷。その東に存在する三角点名、「生老(しょうろ)」。生きて老いる、その悲しげな名前の山を目指しました。林道に入りすぐに現れる橋の手前に車を止めました。    午前9時37分出発。数分で分岐。沢方向に向かう道をたどると簡易の水利施設がありました。ここから対岸に渡り、斜面を登ることにしました。道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川辺町 「笠ヶ谷」…失敗!

 昨年来、一年ぶりの尾賀野川ぞいの林道を歩きます。午後12時37分です。    10分ほどで左手に進行する林道があらわれます。    しかし地理院地図にある二股の分岐もなく行き止まりでした。北方向には取りつきはありません。それで東に進行しはじめると記憶のある道です。昨年、飯谷川に出る林道に出た道です。13時0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稚児岩大橋 土岐市

 土岐市駄知町の「どんぶり会館」東に稚児岩大橋があります。    橋のたもとには笛吹童子がいました。    この橋からの眺めはなかなかのものです。    橋の下を流れる川には推定13トンの巨石が鎮座しています。稚児岩です。    戦国時代、子のなかった夫婦が観音様をこの岩に祀ったところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

点名「進退」 690m 八百津

 県道83号線から「むらさき野カントリークラブ」を越え福地に向かう道を進むと今は廃業している「スタイリッシュグリーン」の看板があらわれる。その左手の林道に進むとすぐに左側に駐車場があった。      駐車場に車を止め、北方向に歩きだすと左手に溜池が見え次に右手に小ぶりな溜池が出現すると、これもまた廃業している店?会社?についた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

点名 「武儀倉」

 上之保に向かう道を郵便局を左折。武儀東小学校裏を北に向かうと神さびる「天神社」があらわれる。    左隣には武儀倉集会所。右手には鯉の養殖池があり、点名武儀倉はその背後の山である。    養殖池から登るといきなりの急坂。    約20分で稜線につくと道があらわれた。稜線を西に20分進むと山頂 (34…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小原城址  御嵩町

 ずいぶん前に御嵩町小原の白山神社からたどって失敗した小原城址、今回は神社を100mほど東にそして北に向かい西に回り込む、神社裏側から歩くルートで「動燃」の文字が彫られた山頂に到着。    その山頂すぐ北隣に狼煙をあげた石の台が残っていました。ここが本丸跡?    さらにその先には神武天皇を遥拝する明治3年に建立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林道 大市洞線からの周遊

 ここのところ執着している県道97号線界隈。今回は三和町川浦、大市の林道を午前10時15分北に向かう。    30分ほど歩くと道は登り勾配となり、ぐんぐん山頂に登っていきます。11時15分、鉄塔№22 に到着。北には、廿屋の集落が見えています。東には道があります。    道をたどるとすぐに林道があらわれました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵峠と点名、「上川辺」

 川辺町、奥神坂から美濃加茂市三和町川浦に出る林道に地蔵峠はあります。    そして三和町側に下ると県道97号線です。中切の集落から見た上川辺 (389.66m) です。    車を置く場所が見当たらず、先日六本松を登った時に駐車した平子市公民館ちかくの路肩に止めました。地蔵峠に向かう林道から山側に入る道に午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六本松と322m峰  美濃加茂市三和町

   美濃加茂市の富士山の東隣、六本松 (287m) を目指します。県道97号線の平古市公民館ちかくの路肩に車を止めました。写真は点名六本松とその左手、東奥にある322m峰です。    六本松の西側に林道があったのでそこを取りつきとしました。午前10時18分スタート。すぐに林道はつきたので強引に左手の稜線に出ました。10時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井洞の谷を周遊する…

 旧武儀町、下之保にある井洞林道。昨年末のぼった「井洞」の登山口でもあります。午前11時42分あるきはじめました。12時、林道終点です。東に杣道がつづいています。    すぐに滝があらわれました。    滝の上部にはお社がありました。道はここまで、あとは踏み跡を辿ります。    滝の右側の獣道をの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天上 576m

 国道41号線を白川に向けて北上、七宗の分郷にある飛水食品の直営店手前の坂道をいくと古色蒼然とした社があらわれます。そのお宮のすぐ上に鎮座する石碑群。ここから登ります。9時40分出発です。    急坂を直登すること15分、平坦な場所に出ます。そのあと灌木の茂みを抜けるとV字の狭い谷に出ました。右の山に取りつきました。10時1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登りぞめはもちろん、あの三角錐…  平成谷

 県道58号を金山方向に走り、「道の駅平成」を過ぎ見えてくる三角錐。年末に登った井洞の西にある山です。この美しいピラミダルな山を登らない手はないでしょう。    登り口を探して難儀しましたが、平成谷に回り込んですぐの「トウヤマ木工」資材置き場から登ることにしました。10時25分出発です。    25分で第一ピーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 初日の出 鳩吹山にて

 日の出の鳩吹は初めてです。噂には聞いていましたが、人の多さにビックリ。日が登った瞬間です。    みるみる輝きは増していきます。    完全に顔出しです。    登る少し前の木曽川です。美濃加茂も可児も靄の底です。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年、師走に見たもの… 行く年によせて

 伊深町栃洞、県道63号線沿いにある.北向地蔵尊。宝永8年 (1711年) につくられた。これほど慈愛にみちたお地蔵さまは見たことがありません。     山神の石碑はしよっちゅう目にしますが、それが祀られているのは初めて見ました。結界とはこのようなものでしょうか? 岐阜市芥見にて。    坂祝町中組の消防団詰所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その名は「井洞」 登り納め

 県道58号を北上、道の駅を越すと眼前に見事な三角錐があらわれます。三角点名「井洞」はその右手、津保川をはさんで東にあります。大加山の南、轡野の権現山の西に位置します。    天正禅寺の北、東に流れる井洞川に沿う井洞林道の入り口に登山口はありました。10時50分出発です。    11時20分、支尾根につきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廿屋から轡野に 林道をつないで

 美濃加茂市三和町廿屋の送電線下の路肩空き地に車を止めました。上廿屋の林道を北に歩きます。東には川浦の反射板が見えます。午前9時52分出発です。    林道を道なりに北に歩くと15分で未舗装の車道は終わりました。それから数分、杣道を登りあげると東西に走る分岐に出ました。この道を西に向かいます。     10時3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各務原 権現山余話 幻の滝

 東登山口から登ると約20分で「一ツ岩」に到着します。ここは山頂の社までちょうど半分の距離。ここを過ぎしばらくで右手に「幻の滝」の案内があらわれます。      幻なのは水量が少ないため、昨夜来の雨が午前中まで続いた今日なら、滝を拝めるはずと勇んできたのですが、音すらしません。谷を上に上につめましたが滝はありません。戻って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芥見権現山  蘇原自然公園東登山口より

  昨日の各務原権現山の登山口である伊吹の瀧神社の東にある、東登山口を10時20分から登ります。    最短コースのため、権現多度社前の階段には30分かからずに着きました。そして分岐のある北山です。    15分の降下で東海自然歩道につきます。芥見権現山の登り口は目の前です。    あっさり20分で山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権現山から諏訪山に 各務原市

 車を蘇原自然公園の北側、伊吹の瀧神社前に止めました。伊吹の滝です。9時30分出発です。    20分ほどで稜線に出るとすぐに北山展望台です。東進します。やがて北側の展望がひらけました。    権現山から西にながれる稜線です。今回はここを歩くつもりです。そしてほぼ一時間で権現多度神社のある権現山頂 (316.6m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯盛山から西津汲に

 揖斐川町の旧久瀬村、久瀬ダムを右手に揖斐高原方面に走っていくと、「チェーン脱着場」前に林道があらわれます。ぐんぐん高度を上げ登り口です。「天狗の森公園」の看板があります。    11時17分に歩き始め、11時45分、「月の株」を過ぎます。この木は天狗のすみかです。    12時10分。飯盛山 (742.4m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見行山 新コース 八百津福地

 見行山に今春、新コースが設置されました。西からの福地峠登山口に対して篠原に向かう県道402号線沿いにある、南からの登山口です。    道は冬枯れの植林の道をいきます。    唖然…、30分で山頂です。    山頂、南側の樹林は切り払われ、ベンチが設置されています。なんと!あらたな林道が山頂直下まで開…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩伏山 設楽町

 設楽町西納庫にある津島神社が岩伏山の登山口です。ここに車を置き神社を10時5分出発。北上していくと5分で車道に出ます。( 茶臼山高原道路 ) 向かいに登山路がありますがこれは下山路です。登り口は東に150m歩きます。    やがて、おみね岩です。「おみね」さんという生涯独身のお婆さんが、大正年間に失敗を繰り返す登山家をしり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深山不動の滝と大洞池  多治見

 多治見市笠原町、県道13号を降っていくと高速の下を通過したあと「不動の滝」の看板があらわれる。右折し丘を登っていくと堰堤でストップ。車を置き、堰堤を越えると小さな溜池の奥に分岐があった。分岐を左に10分、不動滝が右手に…、    少し、はなれて滝の全貌です。      分岐に戻り「大洞池」を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅田大柿林道 七宗

 大柿の里を北上し「水源の森の碑」を過ぎ、ゲートに至る。ここは「笹ヶタワ」の登山口でもある。    歩くこと20分で営林署の小屋があらわれる。それを過ぎると「寒八林道」への分岐だ。ここは道になりに真っ直ぐ進む。それにしてもやたら山側に「歩道入口」の看板がある。山仕事の人の道である。    歩くこと40分ほどで「細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八木山三山  各務原市

 八木山小学校裏の東登山口から登ります。    コース案内通り25分で八木山山頂 (296m) です。信仰の山のようです。登る曲がりごとに碑がありました。   40分ほどで双子山を過ぎ愛宕山 (269m) です。左下に「おがせ池」が見えています。  ここで弁当を食べ、西登山口を目指します。下山路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和知城址 八百津

 和知城は山城でなく木曽川に面した平城です。八百津和知にあり稲葉家五代 (天正から延宝) が居城としました。しかし跡継ぎがなく絶えました。これは五代の城主を鎮魂する碑です。    現在、残っているのは空堀あと、土塁の一部、そして井戸跡だけです。空堀のようすです。    今は稲葉城公園となり天守があった場所に展望台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今淵ヶ岳 1,048m 美濃市

 美濃市乙狩川沿いの瀧神社から午前10時25分出発です。    11時10分「板山の里」に下る分岐がある鉄塔に到着です。    11時47分、かっての目印のひとつ、「モミの大木」が倒れていました。    12時30分、痛む右膝をだまし、だまし2時間かかって山頂に到着しました。(帰路は1時間30分) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中不動尊  各務原市

 各務野自然遺産の森の南にある、山中不動尊です。御嶽教の道場のようです。    普段、人気はないのに今日は車が数台駐車しています。この講の「総代」が祈祷する日でした。    岩屋の不動尊にもロウソクが灯されています。    実はこの滝を撮りにきたのですが、ほとんど水はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山から上米田へ

 川辺町、愛宕山 (米田富士) の姿です。まさに富士の名にふさわしい姿です。    愛宕山の南登山口の鳥居です。右の道は先週、上米田から降りてきた道です。車はこの道の奥の空き地に置きました。道は川辺町60周年記念で今年整備され看板も設置されています。    約20分で山頂の米田城址です。正面に鬼飛山が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津、正宗寺から上米田山

 車を八百津上飯田、正宗寺手前の路肩に止めました。画像は正宗寺と左上にある送電線です。午前10時40分まずは送電線を目指し登り始めました。    送電線には25分で到着。西側、向かって左端には本日の目標、川辺町の愛宕山が見えます。ここからは北側に向かい大きく周回しなければなりません。    次の送電線の案内表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天川山から安手奈山  小牧アルプス

 車を小牧市の大山廃寺跡の上部にある、兒(ちご)の森の駐車場に止めます。兒は児の旧漢字だそうです。午前9時30分出発。9時52分天川山に到着。    すぐ隣ある展望所からは、北側に入鹿池と昨日のぼった入鹿白山が見えます。    それから東進し、「東天川山」「東山」を過ぎ10時20分、林道に出合います。右の道をさら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入鹿白山  222m

 車を入鹿池、郷中新橋わきの道路余地に置く。池沿いの道を西に歩くと犬山環境センターから2本目の電柱に取りつきはあった。    南方向に数分、稜線まで登るとマーキングがあり、来た道の上部を戻るように東に向かう。平行移動が終わると砂防指定地の標柱が立っていた。ここからまた南に登る。    やがて道はシダに覆われ不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅から東海自然歩道…

 可児の自宅の坂をくだればすぐ東海自然歩道です。でも隣の「今」から「御嵩」までずっと?でした。どういうルートを辿っているのか自転車で行くことにしました。午前8時50分家を出発。9時40分 (自宅から8.6km) でよくネットで紹介される手掘りトンネルにつきました。平牧公民館の手前でした。    久々利の泳宮 (くくりのみや)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定光寺公園から稚児橋…

 定光寺公園の西の端に東海自然歩道の入り口があります。午前9時20分、歩きはじめます。    高根山はパスして「中小企業大学校」から稚児橋を目指します。10時35分、山星山です。    11時、宮苅峠です。    11時38分、稚児橋に到着しました。あまりに小さな橋で意外でした…。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩屋堂から白岩の里に…

 瀬戸市岩屋堂公園にはじめて来ました。公園の岩屋堂から9時30分登り始めました。20分で展望台到着です。    この近辺の最高点、元岩巣山に10時40分つきました。この先は東京大学の私有地だそうで立ち入り禁止です。自然歩道に戻ります。    素敵な沢道をくだります。    11時30分、白岩の里で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ノ倉神社から…東海自然歩道

 車を昨日降下してきた、檜峠ちかくの多治見市三之倉神社に止めます。ここから自転車で、午前9時10分出発です。    下り勾配のため、あっという間に古虎渓駅を過ぎ、今は廃墟となった千歳楼まで約7㎞を20分そこそこで到着です。    玉野園地入り口で、自転車をデポするかこのまま進行するか迷いましたが、自転車で行くこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥勒山から檜峠に

 車を多治見市廿原の溜池に駐車。ここからが弥勒への最短の登り口である。10時出発。30分で山頂に。あまりに人が多く早々に立ち去る。    10時48分、大谷山を通過。    11時05分、道樹山に到着。小休止をとる。    11時35分、檜峠に。    ここから車道を溜池に歩く。12時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しつこく各務原アルプス…

 各務野自然遺産の森に駐車。午前9時歩き出す。MTBの道を10分いくと取りつきの「健脚の道」の看板。9時30分稜線の分岐に到着。一路西へ、9時50分大岩見晴台につく。    西の金山には向かわず、来た道を東の分岐に戻る。10時50分、迫間城跡に。    11時24分、明王山見晴台。    11時38分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須衛、向山 各務原市

 天狗谷遺跡の駐車場に車を置く。午前10時25分出発。岩坂トンネルに10分ほどでつく。そこから右手の案内の道をいく。遊歩道と思っていたら沢沿いの道は意外とワイルドなのにおどろく。    10時50分、分岐の峠に着く。ここからは遊歩道。11時40分、須衛山頂 (321.8m)。    そこから10分かからず、向山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御坊山、稲田山  各務原市

 車を寒洞池の駐車場に置く。午前9時10分歩きだす。池ぞいに進むと展望デッキを過ぎ、東海自然歩道の案内看板があらわれる。歩道がやがて下り勾配の階段にかかるあたりで左手、御坊山に9時30分に取りつく。    稜線に到着後、東にやや戻ると午前10時、御坊山 (262m) に到着。山名板もあった。昨年末の設置。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北山 289m 各務原市

 車を各務野自然遺産の森に置く。午前9時30分スタート。南方向に北山をへつるように道路を歩くと10分ほどで取りつきに到着。この山は登山道なしとのことだが、かなりの人が登っているのでそれなりに道はあるのだと思う。    北へ北へと登っていくと東のピーク手前で道は丈の低いシダに埋没する。    東ピークを10時15分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿啄の櫓から…

   秋雨がいつまでも続き、まるでアフリカの雨季のよう…。行く先も決まらずくさくさしていると昨日、火塚古墳から望見した、城山の猿啄城跡になんとなく来てしまった。これは登山口の御岳神社。9時23分登り始め、    30分で櫓まで登りあげると一路、西の迫間山に。    10時55分、迫間山の不動尊に、   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火塚古墳 坂祝町

 坂祝町酒倉1746-2 に火塚(ひづか)古墳はあります。坂祝町で一番古く一番保存状態のいい7世紀前半の古墳です。しかしわかりづらいことこの上ありません。近所で尋ねても? ばかりでした。    羨道入り口に至る道もこの状態です。    入り口のようすです。    たしかに羨道、石室の保存状態は良好です…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ある御伽草子 (おとぎぞうし)…

 どこの里にもある細い小さなせせらぎにかかる橋。    この橋をはじめて渡った人は思いもしなかった滝にぼうぜんとします。    その滝の背後には人を拒絶する壁のような山がありました。    この山の稜線までのぼった若者は百年に一度ありました。でもその向こう側、桃の花が一年中咲き続ける里に沢をこえて向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津福地 726m峰

 見行山登山口である福地峠に至る林道大那木線の起点です。726m峰はこの道の東に存在する山です。    道を行ったり来たり、取りつきを探しました。唯一下草が刈りはらわれた植林の斜面がありました。ほぼ山頂の真西のポイントです。午前8時20分、ここを登ります。    10分で斜面を登りあげると尾根沿いに道がありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津和知洞の林道散策…

   石神神社からと神社手前の堰堤から、北山から延びる権現林道に登りあげましたが、もうひとつ手前に権現林道直前まで延びている林道があり宿題となっていました。    歩き始めると№19 鉄塔を15分ですぎます。やがて車止めのゲートがあらわれます。そして入り口から35分で唐突に行き止まりとなりました。    この終…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬山市、御殿屋敷207.5m峰から東に…

 入鹿池にかかる郷中新橋、その東にある207.5m峰です。その右後方にあるのは石洞まで東西に続くこの連山の最高峰です。この写真は御殿屋敷前の神社の陸橋参道から撮りました。    御殿屋敷前の橋を渡って左に取りつきがありました。しかし竹藪、竹藪が…10メートル続いたあと突然道が.開けました。やがて207.5m峰山頂部脇を左手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒山855m 豊田市牛地

   今回の登山口は、矢作ダムが作り出した奥矢作湖にかかる相走橋の南詰め斜面にある細道です。駐車にはこの細道脇にある草地広場が最適です。    ひたすら南に登っていきます。30分で鉄塔を過ぎ、登り始めて1時間20分、駒山が眼前に姿を現すとなんと林道 (作業道駒寺線) に合流!。そして駒山を時計回りに30分半周する形で小馬寺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳩吹山 南峰 218m とマンガン鉱

 南峰は鳩吹山と道一つ隔てて起立する山です。そうですあの目立つホテルの背後にある山が南峰です。ホテルを過ぎ畑のあるところに架かる橋。なんとなくここを左手にいけば道がありそう……。    しかしそれは甘い期待に終わり、不安定な脆い土の足場を直登。15分程度の登りでマンガン鉱の穴が登場。    道らしき跡を東進してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上村発電所  恵那市上矢作

 上村発電所 (水力発電) の水が落ちる余水管を下から見上げた図です。    少し離れて撮りました。山頂の取水口 (または放出口か?) から落ちたあと角度を変えふたたび落ちます。    白い建物が発電所です。    この山の北側にある大船神社に向かう道から分岐する「林道小坊主線」を20分歩くと山頂の施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸山様 1,484m

 長野県阿南町の丸山は地元の人から丸山様と畏敬と親しみをこめて呼ばれています。登山口案内は五座小屋峠の東にあります。登山口の案内看板から北に約600mの林道走行で丸山高津神社です。登山路は右手東の切れ込みです。普通車もなんとかここまで来れます。    登り始めると、熊穴という熊はとても入れそうにない岩穴が登場します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大洞池 犬山市善師野

 鳩吹山の登山口のひとつでもある真禅寺です。ここからさらに西に走ります。    旧木曽街道に出ました。この道は東海自然歩道でもあります。    すぐに石拾峠に出ました。    大洞池です。自宅から9㎞に満たない近さは意外でした…。    帰路、農協の「とれった広場」に寄り、野菜と卵を調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野滝山 882m 下呂市

  竹原峠が野滝山の登山口である。5分ほど笹道をトラバース気味に登っていくと新造の林道に出た。この林道は昨年、平成27年に完成したものである。峠手前に入り口がある。    林道をしばらくいくとマーキングがあり左手の尾根道に取りつく。ネットにある通り30分で山頂に到着した。    この山は地元の人間以外、登山よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下生屋、上生屋

 関市、旧武儀町内を南北に流れる津保川。それに合流する小那比川の支流に生屋川という小さな川があります。その川沿いに存在する集落が生屋(なまや)です。北を上生屋、南の下流を下生屋といいます。    空き家が多くゴーストタウンのようです。ここは上之保でなく郡上市になります。    しかし上生屋の集落の北端に製材業を営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関市板取 松谷洞 (あくまでも入り口の) 探索…

 松谷の集落の橋の袂から沢に降り立ちました。車はすぐ近くの「松谷健康管理センター」に止めました。    しかし進行方向右手頭上には車道が見えています。なぜここで水の中を遡行しているのか自分でも疑問?    なんと進むこと40分弱。眼前に二段の大きな堰堤が…!。    堰堤の向かって右側を登っていくと不…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

松沢山 1415m 長野県阿智村

 松沢山登山は、「激藪の隙間より」さんの記録が、私にとって貴重な唯一のレポートでした。このレポートなしに今回の山行はありえませんでした。感謝…!。登山口は阿智村北青見平から北に延びる林道の峠にあります。    歩き始めてから30分ほどで小さな沢を渡渉するとブナの木の登場と共に道はいきなり急坂と化します。      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関市上之保 船山 杉山第2林道

 旧武儀郡武儀町上之保、船山谷の一番奥の集落が杉山である。      その集落の北の端から延びている林道が杉山第2林道である。最初左手を歩いてしまいましたが堰堤にすぐ突き当たります。林道は右の登っていく方です。    10分ほど歩くとなんとも素敵な水場がありました。    それからわずかに歩いただけで唐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more