テーマ:庵通信

土岐川の発電所跡  たどりつけず…

 土岐川と19号線が交差する「土岐大橋」西側に発電所跡があることを最近知りました。本日訪ねましたが水量も多くそれなりの用意がいることを思い知りました。    引き返すとこんな看板が…。大型はおろか自転車も走れそうにありませんが、むかしここに道路があったのですね。     こんな遺構も…いったい何の跡でしょう… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇ヶ谷湿地 八百津

 八百津、板橋地区の蛇ヶ谷湿地は吹畑官行造林地区内にある。今回ふいに数年ぶりに訪れる気になったのだが板橋地区に至る道もすっかり失念していた。この林道は地区の西端の墓地の横にある。    ここから10分ほどでたどりつく蛇ヶ谷湿地は通り過ぎてしまい、引き返しては分岐を間違え、1時間後やっと場所は判明したものの降りていく小径が思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇ヶ洞川散策

 瀬戸市 上半田川 (かみはだがわ) 地区から下半田川 (しはもはだがわ) 地区にかけて流れる蛇ヶ洞川。この川にはオオサンショウウオが生息しているとのことで見物にきました。    しかし稚児橋前に止めた車からすぐの蛇ヶ洞川は水量が少なくとてもオオサンショウウオは住めそうにありません。    やむなく下流に歩きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日の出 2019

   月と金星に導かれて日の出を撮りにいきます。    木曽川をわたる時、すでに空は白んできました。    そしていよいよ日の出をむかえました。    ここは八百津、めいそうの森です。    ● びっくりすることに、ここ数ヶ月なやまされてきた膝の痛みがありません?今だけかな?油断大敵だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古虎渓 (ここけい) 公園と隧道

 土岐川を多治見市から名古屋市に向かっていくと左手にベンチさえない、小さな公園があらわれます。市之倉の古虎渓公園です。この無粋な胸像が目印です。    この胸像の脇にはなにか由緒ありそうな、三面観音?というのかな、素敵な石仏です。    公園の奥にはちよっとした滝もありました。    この滝の上部を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴弘法 高山城址

 東濃の人、今日まで「下街道」なる存在を知りませんでした。ここは土岐市土岐津町高山、    この下街道沿いに穴弘法はあります。戦国時代に戦で死んだ人を弔うため岩をうがち地蔵を祀ったのです。    穴弘法はいま「もみじ祭り」の期間中で夜にはライトアップされ色々なイベントもおこなわれています。    夜の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東谷山 白鳥古墳

 守山区志段味から多治見市に向かう土岐川ぞいの道路に円墳らしきものがあるのに気付いたのは最近のこと。昔からこの道は知っていたけどこんなものあったかな?    気にはなっていたがなかなか訪れずにいました。この暑さの中、山歩きをする気にはなれず。本日やっと来てみたのです。    以前からあるにはあったけど、ここまで整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多治見市 セラミックパーク

 多治見市東町にあるセラミックパーク。    その入口のトイレ脇に展望台および周辺をめぐる散策路があります。    10分ほどで展望台です。    高社山から弥勒山、道樹山と一続きのように見えます。    せっかくだから美術館もと思ったのですが、有料でした。それで壁にかかった日本最古の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崇禅寺 (そうぜんじ)  土岐市妻木

 前回探訪した妻木城のある県道19号線線になにやら由緒ありそうな古刹があった。気になって雨の上がった午後訪ねて見た。この山門は妻木城のお館から移築されたものだそう。      寺の脇には古い江戸時代のお墓がありました。    寺の背後にある寺山には道がついていてそれぞれ顔の違う石像が鎮座しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻木城 土岐市

 国道19号線ならぬ県道19号線を土岐市下石から南下します。妻木川に添った県道です。    すると案内看板があらわれました。    林道の終点は公園でした。山城につづく散策路は整備されています。この岩積みは人工のものに見えますがマグマが噴出したあとの摂理という現象で自然にできたものです。    15世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴水橋にて

 瀬戸市定光寺から県道207号線を南下していくと曽野口の信号にある穴水橋からこんな風景があるのに最近気づきました。    人工の堰堤と自然石が調和して風情のある光景が作り出されています。    この写真では渓谷のような美しさを想像されるかもしれませんが、平凡な町の川です。さほど綺麗ではありません。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前沢ダム 御嵩町

 前沢ダムは御嵩町前沢の農業用貯水池、溜池です。    水没した場所に生えていた木は枯れ、まるで卒塔婆のようです。    やがて分岐に出たので外側を歩いていくとダムにそそぐ水道トンネル1号があらわれました。    そこからはダムから遠ざかっていくので分岐まで戻りダムの周回路をいきました。するとおお!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋澤龍彦……

 渋澤龍彦、フランス文学者・評論家として紹介されることが多いのですが、わたしにとってはなにより不思議な小説家。初めて彼の小説を手に取ったのは1987年、昭和62年でした。「高丘親王航海記」。すでに彼はその年59歳の生涯を閉じていました。    高丘親王は平城天皇の皇子。皇太子となったのですが薬子の変によってその地位を剥奪され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やおつトンネル!  …トホホ (・.・;)

 御嵩町のバローと「肉のキング」の間を南北に走る県道83号線にある「大庭」の信号です。      この道を少し北に向かうと、「やおつトンネル」?があらわれました。    そして八百津側のトンネルの様子です。    すぐにまだ新しい信号「伊岐津志」に出ました。    なんとこのトンネルこそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津福地  カモシカ

 三連休、これといった目標の山もなく、ゴロゴロしていたが、いくらなんでもこれではあんまりなので八百津にドライブ。ネタ探し。福地大鹿見のシャクナゲ園を過ぎたところで水を飲んでいたカモシカと遭遇。     向こうもこちらに興味があるのか、一定の距離を保ち逃げ出さずにいる。    体も小ぶりでまだ成獣になっていない子供…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不孝寺塚古墳 可児市

 可児市、羽崎にある不孝寺塚古墳です。    6世紀後半の築造当時は直径20mを越える大きな円墳でした。    明治20年に遺物が見つかり掘り返すと金環、銀環そして人骨まで出土したのだそうです。今ならDNT鑑定でいろんなことが解ったことでしょう。現在遺物はすべて散逸しています。そして玄室に至る羨道は塞がれています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雀のお宿

 早朝、はやく餌を出せと雀の催促です。    雀のキス…。    餌を待つ子雀と与える親鳥。子供は体格はすでに親と同じくらいなのにニートでしょうか? 我が家のささやかな庭の隅に餌台を設け、米を与えるようになったため「雀のお宿」と化した木です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新田の森  美濃市

 片知渓谷の瓢ヶ岳駐車場の西に「新田の森」はあります。    入り口の様子です。ここにこんな森が存在するのをつい最近まで知りませんでした。平成22年に整備されたようです。しかしいつの時代の水田かわかりませんが林道も車も利用できない時代に里から数キロの山道をたどりお米を作ったのでしょうか?    作業小屋を過ぎると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御嵩城址

 御嵩城は小栗氏が築いた城です。    しかし室町末期、1552年滅ぼされました。その時二十歳の美しい城主娘の悲しい自害の伝説ものこっています。    攻めたのはあの瑞浪の小里城城主と恵那の後に江戸町奉行となる遠山の金さんのご先祖です。この本丸跡の櫓は評判がよくありません。    しかし、御嵩全域を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三枚滝 美並町

 八幡町那比から新宮神社を過ぎ星宮神社に至る道にある粥川谷に三枚滝はありました。    はじめこれこそが三枚滝と思いましたが、でもこれでは「三枚」でなく「三段」では?…上流に回り込むと三本の滝が並んで落ちていました。しかしなかなかカメラにうまく収まりません。    しかし「三枚」はこれらの滝を総称しているのか、や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新丸山ダム

 民主党政権時代、頓挫中止となった八百津の新丸山ダムの工事がはじまりました。下流に建設するとばかり思っていた新ダムは現在のダムを包むように建設されるようです。  これが完成すると長野県、諏訪湖の2倍の貯水量になるというのだから驚きです。    ダムの完成により現在の橋や (もちろん旅足橋も) 道路も水没します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫穴滝 再訪

 可児市久々利の小渕ダムから南下する林道奥磯線。錠ヶ谷溜池の手前から右に分岐する道沿いに姫穴滝はあります。前回訪れたときは水量が少なく迫力がイマイチだったので再訪しました。    その右手にある姫穴の名の元となった穴からの滝の姿です。    穴の最奥部に祀られている石碑です。「南無阿弥陀仏」と彫られています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

曽木探訪

 土岐市下石町の県道66号線、「山神」の信号を南下していくと「イタリアの小さな村の物語」 に登場するような建物があった。どうやらレストランのよう…    つづいて訪ねたのは隣接する瑞浪市陶町の世界一の美濃焼の狛犬です。高さ3.5m。    その上部にあるこれまた世界一の茶壷、「豊穣の壺」です。陶土は32トン使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稚児岩大橋 土岐市

 土岐市駄知町の「どんぶり会館」東に稚児岩大橋があります。    橋のたもとには笛吹童子がいました。    この橋からの眺めはなかなかのものです。    橋の下を流れる川には推定13トンの巨石が鎮座しています。稚児岩です。    戦国時代、子のなかった夫婦が観音様をこの岩に祀ったところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小原城址  御嵩町

 ずいぶん前に御嵩町小原の白山神社からたどって失敗した小原城址、今回は神社を100mほど東にそして北に向かい西に回り込む、神社裏側から歩くルートで「動燃」の文字が彫られた山頂に到着。    その山頂すぐ北隣に狼煙をあげた石の台が残っていました。ここが本丸跡?    さらにその先には神武天皇を遥拝する明治3年に建立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 初日の出 鳩吹山にて

 日の出の鳩吹は初めてです。噂には聞いていましたが、人の多さにビックリ。日が登った瞬間です。    みるみる輝きは増していきます。    完全に顔出しです。    登る少し前の木曽川です。美濃加茂も可児も靄の底です。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年、師走に見たもの… 行く年によせて

 伊深町栃洞、県道63号線沿いにある.北向地蔵尊。宝永8年 (1711年) につくられた。これほど慈愛にみちたお地蔵さまは見たことがありません。     山神の石碑はしよっちゅう目にしますが、それが祀られているのは初めて見ました。結界とはこのようなものでしょうか? 岐阜市芥見にて。    坂祝町中組の消防団詰所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深山不動の滝と大洞池  多治見

 多治見市笠原町、県道13号を降っていくと高速の下を通過したあと「不動の滝」の看板があらわれる。右折し丘を登っていくと堰堤でストップ。車を置き、堰堤を越えると小さな溜池の奥に分岐があった。分岐を左に10分、不動滝が右手に…、    少し、はなれて滝の全貌です。      分岐に戻り「大洞池」を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和知城址 八百津

 和知城は山城でなく木曽川に面した平城です。八百津和知にあり稲葉家五代 (天正から延宝) が居城としました。しかし跡継ぎがなく絶えました。これは五代の城主を鎮魂する碑です。    現在、残っているのは空堀あと、土塁の一部、そして井戸跡だけです。空堀のようすです。    今は稲葉城公園となり天守があった場所に展望台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中不動尊  各務原市

 各務野自然遺産の森の南にある、山中不動尊です。御嶽教の道場のようです。    普段、人気はないのに今日は車が数台駐車しています。この講の「総代」が祈祷する日でした。    岩屋の不動尊にもロウソクが灯されています。    実はこの滝を撮りにきたのですが、ほとんど水はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more