テーマ:街道をゆく

稚児橋から上半田川 東海自然歩道

 以前、定光寺からこの稚児橋まで歩きました。    背後の舗装路を隔てて上半田川 (かみはだがわ) へ の登り口があります。    20分少々で山越えは終わり国道248号線にかかる歩道橋を渡ります。すると呆然とするほどに美しい上半田川の水田があらわれます。    歩道の傍らにあった抱き合う夫婦の道祖神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田市 林道「荷掛線」 カモシカの子供憐れ!

 国道363号線を土岐市の柿野温泉から瀬戸市方面に走行していくと「こぶしの里」の表示に出くわす。ここを左折すると県道19号線である。すぐに豊田市との市境に出る。豊田市に入ると「環境の小径」の看板。正式名称は「林道荷掛線」。走行してみることにした。    数分走ると眼前に小動物の影が…    車を降りて近づいていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀輪よ これが犬山城だ…

 昨夜から登頂する山を探していたが、決まらないままグズグズしていた。午前10時50分、自転車をひっぱり出した。ともかく、家を出る。11時32分、鳩吹山の石原登山口を通過。    そこからは大好きな下り坂、10分ほどで木曽川沿いの不老滝に到着。    このあたりから犬山城に行こうと思いました。12時05分犬山城到着…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

土岐市 美佐野街道

 国道21号線沿いの道の駅「志野、織部」の帰り、五斗蒔に向かう道を南下中、このど派手な看板に急停止。    とりあえず美佐野街道とやらを歩いてみることにした。約30分で7世紀前半中山古墳に到着。羨道も玄室も腐葉土で埋まっている。    さらに南下するとすぐに住宅街に出たので戻ることにした。途中「旧美佐野街道」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タラガトンネルと那比

 国道256号線を板取川に沿って北上していくと生老の入り口に福祉センターがあります。    この建物手前にかかる橋を渡ると郡上方面に抜ける「タラガトンネル」です。    トンネルを抜けると「雪国」ではなく八幡町那比、旧那比村でした。ここに高賀山の登山口があることを全く、露ほども知りませんでした。数十回は登った知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義民 助兵衛と菅田の里

 下呂市金山町菅田、桐洞に義民助兵衛の碑があります。助兵衛は1660年(万治3年)に凶作の上に平年よりむごい年貢を要求され、もはや一揆と立ち上がる農民を抑え、単身で江戸にいた尾張藩主徳川光友に越訴したのです。    願いは聞き届けられ年貢は減免されました。しかし助兵衛は直訴の罪でそれから6年後52才で獄死しました。碑の前に流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅から東海自然歩道…

 可児の自宅の坂をくだればすぐ東海自然歩道です。でも隣の「今」から「御嵩」までずっと?でした。どういうルートを辿っているのか自転車で行くことにしました。午前8時50分家を出発。9時40分 (自宅から8.6km) でよくネットで紹介される手掘りトンネルにつきました。平牧公民館の手前でした。    久々利の泳宮 (くくりのみや)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定光寺公園から稚児橋…

 定光寺公園の西の端に東海自然歩道の入り口があります。午前9時20分、歩きはじめます。    高根山はパスして「中小企業大学校」から稚児橋を目指します。10時35分、山星山です。    11時、宮苅峠です。    11時38分、稚児橋に到着しました。あまりに小さな橋で意外でした…。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩屋堂から白岩の里に…

 瀬戸市岩屋堂公園にはじめて来ました。公園の岩屋堂から9時30分登り始めました。20分で展望台到着です。    この近辺の最高点、元岩巣山に10時40分つきました。この先は東京大学の私有地だそうで立ち入り禁止です。自然歩道に戻ります。    素敵な沢道をくだります。    11時30分、白岩の里で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大洞池 犬山市善師野

 鳩吹山の登山口のひとつでもある真禅寺です。ここからさらに西に走ります。    旧木曽街道に出ました。この道は東海自然歩道でもあります。    すぐに石拾峠に出ました。    大洞池です。自宅から9㎞に満たない近さは意外でした…。    帰路、農協の「とれった広場」に寄り、野菜と卵を調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サンデー毎日」事始め

 自宅から5.67km。すぐ近くにあるリトルワールドです。現在、「不思議の国のアリス」ならぬ「いろんな国のアイス」と題したアイスクリームフェスティバルを開催中です。    さらに5kmほどで入鹿池、北端に到着。池沿いに西に回り込む道を探したのですがわかりませんでした。    少し戻って、県道を西に向かっていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぷらり美濃市、ポタリング……

 車を美濃市、美濃和紙会館に止め、自転車で出発です。目的地も走路コースも全く予定はありません。      乙狩川の道沿いで面白い看板を見つけました。    今淵ヶ岳の登山口でもある瀧神社の権現の瀧に来てしまいました。    それからまた県道に戻り、洞戸方向に走り橋を渡って板取川の対岸を東に好調に走行中、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐倉谷を歩く 美濃市

 佐倉谷は矢坪山の矢坪谷の西隣にある谷です。理容室「さち」の真向かいに林道の入り口はあります。    歩くこと30分で林道は終点。藪となります。    道沿いにある佐倉谷は枯れ谷でした。    終点手前に軽トラが2台止まり、4人の地場の老人がスズメバチを誘うためにイカを輪切りにしてあちこちに仕掛けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝は家からポタリング…

 あいにくの曇天。いつ雨が降り出すかわからぬ天候のため自宅から近在を散策しようと自転車で出発。家の周りは右も左も水田です。    ところが犬山市今井の亀割池についたあたりから雨が降り出しました。    しかたないので隣にある犬山キャンプ場で記念撮影して帰ります。    帰り道はほとんど下り勾配のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林道 南陽寺線 朝の散策

 県道418号線を八百津本町に向かっていく途中、北山に登っていく分岐があります。その分岐からすぐ林道南陽寺線があらわれます。この林道を歩きます。    30分ほどの歩行で軽トラがなんとか走れる道は終了です。でも沢にそって杣道が続いているのでたどることにします。    するとなんと水田の跡があらわれました。こんなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林道権現線とカモシカ

 八百津北山の林道権現線の入り口です。権現山登山口を越してもまだまだずっと続いている様子なので終点を見に行きました。    論出官業造林内の林道は延長が年々延びています。平成10年代の工事完成記念プレートから平成24年、26年、27年と道は新しく延び続けています。    そして入り口から6.3km、現在の終点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富之保 平成サイクリングロード

 車を関市(旧武儀町)富之保の平成元号橋たもとの駐車場に置きました。ずっと自転車で走ろう走ろうと思ってたコースです。そしてこれがルート図の看板です。    すぐに平成自然公園です。大変な工事費をつかい整備した公園ですが利用者は皆無です。    この見晴らし台までは上り坂でした。(-_-;)。でもここからはダウンヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杏谷 美濃市

 美濃市、県道80号線 (どんぐり街道) の桶ヶ洞墓地脇に車を駐車。そして自転車を輪行袋から取り出し、前輪を装着。いよいよ林道、恵通線を走行します。本式に自転車に乗るのは1年ぶり。愛車ジュディはすっかり拗ねて口をきいてくれません!    緩やかな下り勾配3.5キロを10分で走破。長良川沿いの杏谷、横祖林道を入り口を通過します…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩門の滝  関市洞戸黒谷地区

 洞戸の岩門の滝を見てきました。    アップです。まるで日本版エイリアンの口です。元祖エイリアンなど一飲みです。    しかしそれは岩門の滝でなく、岩門の滝はその上部にありました。でも滝としては下の大岩の滝 (勝手に命名)が圧倒的にすごいです。    ここは鎌倉末期にひらかれた修験の道場です。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津 福地 竜宮淵

 八百津潮見の山の直売所から、大鹿見のしゃくなげ園を目指すと手前に、右側に鋭角に切れ込み登っていく道があります。道はすぐに作業所で行き止まりとなりますが、その手前の沢沿いの杣道をいくと…    竜宮淵です。落ちたら沈んでふたたび浮かび上がれないと言われています…。その高みには不動明王が祀られています。    ザイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あぁ薄野に、はるかに届かず……

 41号線を七宗に入ったのに、突然「八百津」の標識があらわれ、?…とまどってしまいます。    この標識手前には南に向かうゲートのある林道があります。この林道は八百津薄野につづいているはずとふんでこの道を行きます。    道は沢沿いに整備され快適な道はつづきます。    しかし堰堤をこえたあたりから道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百津 薄野 (すすきの)

八百津久田見の里、薄野にある茜山荘という宿を過ぎると道は行き止まりとなります。    しかし通行できそうなので行ってみます。するとすぐに林道造成は放棄されていて壁に突き当たります。    そこからは深い谷を隔てて、41号線と七宗川並の廃校となった小学校が指呼の間に…。(300ミリの望遠レンズでズームしています)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄蓮寺峠敗退…。嗚呼…

 小川谷を進行していくと、大槻山登山口のある小川林道と浄蓮寺林道が分岐します。    峠の石仏を目指し浄蓮寺林道をいきます。しかしすぐに林道は消滅し伐採された倒木の斜面に立ち往生。    これが本当に石仏のある浄蓮寺峠に通じているのかも不安になり引き返すことにしました。里に戻り小川薬師堂の一石十三仏塔の前で記念写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氏子峠 (金山町菅田から白川町小川へ)

ずっとずっとご無沙汰の自転車ジュディの登場です。車を下呂市金山町菅田川の天神橋の路肩に置きました。    氏子林道に入るとすぐ山神の石碑の前にこんな絵馬?が奉納されていました。斧や薬缶、さらに弓などが書かれています。山仕事の道具を祀っているのですね…。    なんとあっさり橋から2㎞、20分で氏子峠に到着です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄蓮寺峠 七宗国有林

 七宗林道を進行し、「七宗遊園」を過ぎると右手にゲートがあらわれます。    このゲートから歩きます。すると20分足らずで分岐が、ここが「浄蓮寺峠」と勘違いしました。ここの正面を彷徨ったあと、右手の林道を行き、さらに彷徨し、またまたこの分岐に戻ったのは1時間40分後でした。    すなおに左手の浄蓮寺林道をいきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉谷  山県市葛原

 天狗ヶ城の登り口の市井のバス停を左に切り、橋を渡って右折すると大倉谷に向かう林道です。大倉谷は武儀川にそそぐ支流のひとつです。    この沢にある別荘です。いまは使われていません。地元の人に聞いたらここではかって街から綺麗どころを呼び寄せ、このバルコニーで宴をしていたのだそうです。    さらに上流にあるこれも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神崎川とごろごろの滝

 登山が早く終了したので神崎川を車で遡上することに。円原川に勝るとも劣らぬ清流です。    川の上流にある。「ごろごろの滝」です。    行く道にも帰りの道にもこの蝶がたくさん舞っていました。    この里の老人はみんなこの川をのぞきこんで、道にたたずんでいるのが印象的でした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大鹿村 スケッチ

 長野県大鹿村の手前、小渋ダム脇にある名無しの滝です。    大鹿村に入るとなんとも素敵な廃屋が…    中央構造線の安康露頭です。黒い線が1500万年前、日本が大陸と切り離された時、ねじれて露出した岩盤なのだそうです。でも素人には何がそうなのか?ですね、    そしていつのまにか、上村の「しらびそ高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はポタポタ、ポタリング…

 昨日一日降り続いた雨がやんで、今日は久々に自転車。ポタリング (明確な目的を持たない、登り坂は押して歩く、決して頑張らない) の日。御嵩駅に車をとめて出発!    東南方向に2キロも走らず、金峰ふれあいの森です。昔、ここは権現山と称し山城があったとのこと。    そして謡坂のマリア様とこれまた2年ぶりのご対面で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛岐丘陵  五ヶ村池 (ごかむらいけ)

 車を内津峠上部にある大沢グランドに置いて東海自然歩道を歩きます。この道は一昨年、自転車で入鹿池にでて東の八曾キャンプ場を巡る周回コースをやって以来です。でも今回はこの分岐を池に向かいます。    この五ヶ村池はずっと以前から気になっていたのですが行くのは今回が初めてです。この道をくだることわずか数分、中央高速道にでました!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more